看護部ブログ
2019年1月
  • 「平成最後だけど変わらないもの」 救急外来 師長 豊田 智美

    「平成最後だけど変わらないもの」

    気づけば2019年ですね。寒い中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
    平成も終わりを告げる今年、「平成最後の~」とTVやニュースで話題もちきりです。

    今も「平成最後の成人式」なんてニュースを見ながらエッセイ執筆中。
    毎日変わらぬことも、「最後だから特別なことしようかな…」なんてことは思わず。

    日々変わらぬことは…
    ① 勤務時の昼食
    それは、おにぎり。ローソンでほぼ同じ商品の「おにぎり」一つ購入。
    そして時々食堂。食堂で昼食後、休憩室でおにぎりを食べます。
    ② 勤務時の飲み物
    それは、ほぼ同じ商品の「コーヒー」。飲まないと落ち着きません。
    最近はスポーツドリンク1本追加。飲まないと夜中こむら返りで目覚めます。
    ③ スケジュール帳
    毎年、スクラブポケットに入るサイズの決まった「手帳」。ないと困ります。
    でも、最近は鞄に入ったままなので、いつも以上に自己管理できません。
    ④ 勤務帰りの過ごし方
    それは、至福の時間。帰宅するまでの40分、小腹が空いた胃袋に「今日も頑張ったね」と、ごちょっとしたご褒美。

    以前、ちょっと変化を望み②のコーヒーをやめてみたのですが、1日飲まないだけでなんだか気持ちが落ち着かず、すぐに再開。
    自身の「変わらぬこと」は「ルーティン」となってしまい、今ではやめられません

    平成が終わるとともに新しい年号に代わって、一般世間は「〇〇最初の~」とすぐニュースなど話題が切り替わるのだろうなぁ、と思いつつ。
    新年号になっても自身のルーティンは続きます。

    皆様にとって、「新年号元年」が平穏で幸多い年でありますように。


    救急センター 看護師長 豊田 智美

  • 冬休み

    2019年がいよいよスタートしました。

    2019年は元号の改元もあり、気持ち新たにと思っている方も多いのではないでしょうか。

     

    そんな中、我が家の小学生の子供達の冬休みもそろそろ残り半分をきりました。

    友達とクリスマスパーティーをしたり、スキーに行ったり、図書館に行ったりと、思いのままに冬休みを満喫中ですが、なんといっても今回のメインイベントは、東京の祖父母の家までの2人旅行です。

    喧嘩ばかりの小6と小4の兄弟ですが、兼ねてから2人で東京に行ってみたいと願望があり、長男の卒業を節目に今回実現に至りました。

    親としては、飛行機2人で大丈夫だろうか、喧嘩をして周りに迷惑をかけないだろうか、迷子にならないだろうか、おじいちゃんおばあちゃんのいうことをしっかり聞けるだろうか・・・、心配事は尽きませんが、親の気持ちとは裏腹に、子供達の目は日に日にきらきらと輝いていきます。

    そんな姿を見ていると、子供達の新たなチャレンジに背中を押さずにはいられません。

    この旅行を2人で無事に終らせて帰ってきたら、きっと1回りも2回りも成長した姿に出会えることを信じて、子供達と一緒に出発の日を心待ちにしようと思います。

    子供達に負けず、私自身も勇気を持って自信を持って、新たなことにチャレンジできる1年にしなければと、子供達に背中を押された新年の始まりでした。

     

    内視鏡室副主任 齋藤 香織