看護部の概要
〇看護部長挨拶

平成28年1月1日付で、看護部長に就任しました。
徳洲会病院の“生命だけは平等だ”という理念に共感して、入職したのが昭和59年でした。
一旦、職場を離れましたが、昭和63年に再就職し、今日に至ります。
当院の看護部は、「心にとどく看護」を大切にしています。どのような場面でも、患者様やご家族に寄り添う、その気持ちに寄り添うことから始めています。その上で、今自分が出来うる最良のケアを提供し、患者様の回復過程に寄与することが出来るのです。
「あなたで良かった。この病院で良かった。」と患者様に満足していただける看護を目指しています。働く私たちも、「この病院で良かった。私のやりたい看護が出来ている。」と実感できる日々でありたいと思います。

 

〇看護部理念

 

〇看護部方針

1~6を柱に
・予防医療(健診・人間ドック)
・急性期・救急医療展開
・在宅診療・訪問看護充実
・老健施設・訪問看護ステーションとの関連
を大切にし、どこでも対応でき、そして専門看護師を育てるように、社会・地域に根ざした質の高い医療、看護、介護を提供できるように日々前進しております。

 

〇構成

病棟が9単位で、他に救急センター、ICU、手術室、血液浄化センター、外来で構成されています。