新卒採用
〇新人看護師教育

当院では、厚生労働省 新人臨床研修制度ガイドラインを元に、入職後1年間に及ぶ研修を実施しております。
また、新人看護師の個性・能力を適切に把握し、個別性のある指導ができるよう新人看護師教育にプリセプターシップを取り入れています。
各部署に配属されると、新人看護師には、プリセプター・教育担当者等が屋根瓦式に責任を持って、新人看護師の成長を見守っていきます。
さらに、新人支援委員会を設置し、院内全体で横断的に新人看護師をフォローアップします。

研修風景
卒後教育
入職から最初の一年間は看護師としての土台を作る重要な期間。 患者様に安全で思いやりのある看護を提供するために、充実した「集合教育」と、一人ひとりの個別性に応じた「現場教育」であなたの成長を支援していきます。
入社後のスケジュールについて
ピカピカの新しいユニフォームを着て、新入職者研修を受けます。看護部の体制や社会人としての心構えなどの講義の他、採血などの看護技術の練習も行います。研修は、4月から1年間を通して行われ、必要な知識や技術を習得します。
不安や緊張の中、右も左もわからない私にとって、困ったときすぐに相談できるのが、プリセプターの先輩です。仕事だけではなく、プライベートなことも相談できる、お姉さん的な存在で、とても心強く、日々安心して過ごすことができています。
少しずつ日勤業務にも慣れてきて、複数患者の受け持ちをします。実習中とは違い、優先順位を考えながらケアを行います。実際のケア場面で、困らないように、優先順位をどのように考えていけば良いかなど、模擬患者や模擬環境を設定し、シミュレーション形式で学びます。
「あっ!大変!患者さんが転んでいる!」そんな時、看護師はどのように対応したら良いのでしょうか。緊急時ほど、日頃からの訓練が重要です。様々な急変場面を基に、実際の対応方法をみんなで学びます。
Peer=仲間、Support=助け合うが意味するように、同期が一同に会し成長を認め合い、共感することで支え合います。 同期入職の仲間で、山も谷も一緒に乗り越えていきましょう!!
最近、当日担当する受け持ちの患者様が増えました。 検査や処置など、やることが多くて、目が回るような毎日です。リーダーや先輩に支えてもらいながら、患者様へよりよい看護ができるように日々奮闘しています。
今日は、はじめての夜勤です。 ドキドキで、仮眠はほとんど取れませんでした。夜の患者様の様子や、看護師の動き方は体験しないとわからないですね。プリセプターや先輩たちと一緒に、朝まで患者様の生命を守ります!
日常の看護場面の中にある倫理的な問題を、みんなでディスカッションします。
「みんな元気だった?」病院の外に飛び出し、みんなで集まります。近況を話したり、こんな看護してるよと自部署自慢をしたり、話は尽きません。持つべきものは、同期の仲間です。
「みんな元気だった?」病院の外に飛び出し、みんなで集まります。近況を話したり、こんな看護してるよと自部署自慢をしたり、話は尽きません。持つべきものは、同期の仲間です。
早いもので、もう一年が経とうとしています。みんなの顔つきもすっかりお姉さん。「4月には新人さんが来るんだな…」、頑張ってきた一年を振り返り、もう一度初心にかえって頑張ろう!!!
この一年間で私は大きく成長しました。辛いこと、大変なこと、色々あったけれど、毎日必死だったし、先輩たちに支えられて今日まで来られました。少しは、心にとどく看護ができたかな。4月からは私も先輩になるので、しっかり頑張ります!