看護部ブログ
KIDUKIコースを開催しました

KIDUKIコースを開催しました。

急変前には何らかの急変前兆候が見られます。患者の「いつもと違う・何か変」という看護師の第一印象の気づきが、患者急変を未然に防ぐ第一歩となります。当院では、看護師の「いつもと違う・何か変」という看護師の気づきにいち早く気づけるよう患者急変対応コースを実施しております。9月18日・10月21日の2日間で新人看護師対象にKIDUKIコースを開催しました。このコースの一番の特徴は、参加者が発言したら必ず「拍手」をすることです。「拍手」を行うことで相手を承認するという意味が込められております。コース開催中は、至る所で拍手が見られ、活気あふれる研修となりました。

文責:急変前対応WG 西脇 貴広