教育体制
〇私たちの教育理念

「人間性豊かで、確かな知識と技術をもって看護が実践できるよう教育支援する」

教育目標

1.看護倫理・看護理論に基づいた看護が提供できる。
2.専門的な知識・技術を深め、エビデンスに基づいた看護が提供できる。
3.個人のもつ能力が発揮され、キャリア開発のための主体的な学習ができる。
4.医療チームでの役割を自覚し、リーダーシップが発揮できる。
5.自主的に研究に取り組むことができる。

〇徳洲会グループだから出来る充実の研修

やりたいこと、得意なことをするのが仕事の楽しさでもあります。
より良い看護のために、あなたの羽を徳洲会ではばたかせて下さい。

  1. 日常生活援助のために必要な知識・技術・態度を身につける。
  2. 社会人・職業人としての常識的な行動がとれる。
  3. チームメンバーとしての役割・責任を理解し、果たすことができる。
  4. 研究に参加できる。
  1. 看護過程を踏まえた個別的ケアが実践できる。
  2. 部署での自己の立場・役割を知り、助言・指導のもとにリーダーシップを発揮できる。
  3. 看護実践における課題を見出し、研究に取り組むことができる。
  4. 患者様の状況に応じてエビデンスに基づいた看護が考えられる。
  1. 看護実践における役割モデルとなれる。
  2. 医療チーム内でのリーダーシップが発揮できる。
  3. 後輩スタッフに対して指導的に関わることができる。
  4. 研修・研究を通し看護実践を深めることができる。
  5. 患者様の状況に応じてエビデンスに基づいた看護が実践できる。
  1. 専門職として役割モデルとなり、専門性を発揮できる。
  2. 部署における課題を明確にし、目標を示しながら管理行動がとれる。
  3. 部署における教育的役割がとれる。

看護師としての職場選びで大きなポイントとなるのが、「自分が成長できる場所かどうか」。
院内はもちろん、全国・世界でも最善の医療をとどける徳洲会グループでは、そのスケールとネットワークを活かした独自の研修であなたの成長を応援します。

徳洲会病院では、一人ひとりの看護職員が「個性豊かな主体的な看護の実践者」に成長してほしいと考えています。
患者さまや利用者さまとの出会いの場が、そのまま成長の場となるよう、また、看護実践の場が一人ひとりの看護職員が抱く看護への夢や希望が実現する場となるよう教育的な環境づくりをすすめています。
自分たちが実践しているケアの良い点を再認識し、自信をつける。他グループ病院の学びを生かし、勉強し合い、理解し合える土壌をつくることで、全体としてケアの質を向上させることをめざしています。

〇学会発表実績

外の専門学会や研修会等への参加を積極的に奨励しております。

平成29年度 学会発表の実績

1.第62回 日本透析医学会学術集会・総会
「下肢末梢動脈疾患指導管理への取り組みと課題」

2.第34回 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会
「重症気管支喘息に対するオマリズマブとダニ免疫療法も併用した16歳男児の症例」

3.第48回 日本看護協会 -急性期看護― 学術集会
「切断肢(指)再接着術・皮弁術を受けた患者の術後観察の向上を目指して」
「転倒・転落に対する病棟看護師のアセスメントと対策の違い」

4.第19回 日本救急看護学会学術集会
「A病院のドクターブルー発生時に対する看護師の意識調査」

5.第20回 日本腎不全看護学会学術集会
「A病院における糖尿病透析予防指導の取り組みと課題
~指導を受けなかった患者への支援を考える~

6.日本看護学会
「臨床看護師による高校出張講座の取り組み
~高校教員へのインタビューより~」

7.第8回 日本炎症性腸炎疾患学会学術集会
「IBD患者へのアダリムマブ自己注射指導の効果とその評価」